リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

リバースモーゲージと厚労省の要保護世帯向け貸付制度の返済の違い

リバースモーゲージは、主に銀行が取り扱う金融商品であり、自宅の土地や家屋を保有していて、年金などの安定した収入がある高齢の方を対象としています。

融資金額は1000万円から2000万円であり、自宅に住宅ローンが残っている場合でも借りることができます。

このリバースモーゲージは、月々の返済が利息分だけであり、元本は借主が亡くなった後に清算して返済する仕組みとなっています。

従って、リバースモーゲージを利用すれば高齢の方であっても月々の返済を気にせずに融資を受けることができ、その資金で充実した老後を送ることが可能となります。

リバースモーゲージは、自宅の土地や家屋を担保とし、利息分だけとはいえ月々の返済が発生するために、必然的に比較的裕福な方が対象となり、低所得の高齢者では利用しづらい金融商品です。

特に要保護世帯の場合、金融商品を利用することは難しいものです。

このような場合、厚生労働省が取り扱っている生活福祉資金貸付制度利用できます。

生活福祉資金制度は、この資金による貸し付けを利用することで、生活保護の適用に至らない世帯に対して行われる貸付制度です。

この制度では、要保護者である借主が自宅を担保としながら生活資金を借りることができます。

担保とした自宅に住み続けることができて、借りたお金は生活のために使うことができ、借主が亡くなった後に担保としていた自宅や土地などを処分することで債権の回収がなされます。

正にリバースモーゲージと同様の仕組みですが、生活福祉資金制度は、リバースモーゲージが利用できないよう保護者を対象としており、利用にはいくつかの要件を満足する必要があります。

保険による生活とリバースモーゲージの満期について

老後の生活をどうしようと考えたときに、その生活費をどうするべきか悩む人は多いでしょう。

一般的な考え方としては、現役世代の時に保険に加入するという方法を指します。

たとえば貯蓄型の生命保険に加入しておけば、老後にまとまった資金を得ることができます。

まとまった資金を得ることができますから、それを元にして生活していくのは、比較的古くから行われている方法だと言えるでしょう。

リバースモーゲージは生命保険に変わるものとして利用されています。

リバースモーゲージではマイホームを利用することによって現金を手に入れることができます。

満期になるまではリバースモーゲージによって生活をしていくことができるでしょう。

満期というのはいくつかの種類があります。

まず、本人が死亡したときには満期となります。

あくまでも契約者本人が生きている間の生活費を確保するためのものであるという点に注意しなければなりません。

それとともに借入額が上限に達したときも同じ世に満期となります。

リバースモーゲージを利用するときには、最初に評価額を決定することになりますが、それによって上限金額が決定されます。

上限金額が決定されれば、それよりも多く借りることはできません。

リバースモーゲージを利用して、そして借入金額が増えていった場合、いずれ上限金額に達するでしょう。

上限に達するとそれ以上は借りることができないために、そこで満期となるという点に注意しなければなりません。