リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

不動産売却益が返済原資となるリバースモーゲージの特性

リバースモーゲージとは主に自宅を対象に不動産を担保とする事によって金融事業者から借入を行い、その借入金を年金に近しい形式で支給する形で老後資金を補填する為に設けられている借入形式の名称です。

特徴としては一般的な借入とは違って、定められた期間での返済は要求されないという点にあります。

返済は満期時若しくは借入側の死去後に対象となる不動産の売却益によって行う契約となっています。

その為、通常は時間経過と共に減少する残債は寧ろ増加する形になり、この特性がリバースモーゲージの名称の元ともなっています。

リバースモーゲージでは返済原資となる不動産に将来における価格変動のリスクがある為、全体の貸付額としては契約時点で想定される不動産売却益の総額よりも小さなものとなります。

また売却益が予想よりも低く残債が発生した場合には、残債については相続の対象となります。

こうした点は将来に問題になる可能性がある為に、リバースモーゲージの契約においては対象不動産の相続権を得る事が想定される対象者の承認が必要となります。

とは言え仮に残債の相続が発生した場合であっても、リバースモーゲージの利用者はそもそも他に資産を残していないケースの方が多く想定される為、相続放棄が為される可能性も強いと言えます。

貸し手にとっては不動産売却益を得られますから全く返済が行われないという事態には陥らないものの、予めある程度の貸倒れが発生する事が想定されている点で特異な貸付方式であると捉える事も出来る方式となっています。

リバースモーゲージならば毎月の支払いは利息分で残債は亡くなった後に清算

リバースモーゲージと言うのは、定年して仕事をリタイアした方など、生活費を年金や貯蓄の切り崩しに頼っている高齢者の方を対象にした金融商品です。

持っている土地や家屋を担保として銀行からお金を借りますが、一般のローンと異なるのは、月々の返済は利息分だけであり、元本は借主が亡くなった後に返済することです。

このことがリバースモーゲージの一番の特徴です。

利息分だけの返済のため、収入の少ない高齢者の方でも月々の支払いが楽になります。

一方で、土地や家屋を担保としているため、1000万円単位での借り入れも可能であり、受け取り方法も年金形式や一時金形式が可能なので、無駄なく毎日の生活に役立てることができますし、介護施設などに入居する資金とすることもできます。

リバースモーゲージでは月々の支払いが利息分だけですので、元本は残債としてずっと残っていきます。

しかし、借主の所有する自宅の土地や家屋を担保としているので、亡くなった後に担保を回収することで、金融機関は損失を出さずにリバースモーゲージと言う金融商品を維持していくことができるようになっています。

しかも、借主に配偶者がいて、自宅の土地や家屋を相続した場合には、残債の清算をせずに、リバースモーゲージの契約を配偶者が引き継ぐことも可能となっています。

そして、配偶者が亡くなった際に改めて残債の清算を行う仕組みです。

そのため、例えば夫がリバースモーゲージに契約すれば、夫が亡くなっても妻がその借入金を引き継ぎ、お金に困ることもなくそのまま自宅に住み続けることができます。