リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

リバースモーゲージを利用できる年齢について

歳をとって収入に不安がある時は、自分の住んでいる不動産を担保にお金を借りる方法があります。

その方法をリバースモーゲージといい、この頃は色々な金融機関で利用ができるようになっています。

リバースモーゲージを利用する時には複数の制限があり、例えばマンションの場合は利用することができません。

日本では中古の建物はほとんど価値をもっていないので、土地の権利を大きく持っていないマンションでは担保として利用できません。

そのためリバースモーゲージを利用する時は一戸建てでなければならず、それ以外の不動産では利用が厳しくなっています。

それ以外の条件としては年齢の制限もあり、多くの場合65歳以上でないと利用をすることができません。

リバースモーゲージではその人が亡くなるまでお金を貸す制度なので、持っている不動産の価値以上はお金を貸せません。

そのためある程度の年齢以上でないと利用ができなくなっており、年齢が若い場合は利用ができません。

ただどの程度の年齢から利用できるのかは、金融機関によって基準が違うので65歳以下でも利用できる事はあります。

しかしそういう場合は不動産に大きな価値があるなどの、特殊な条件が必要になるケースも多いです。

リバースモーゲージは自分の住んでいる家を担保に、亡くなるまでお金を借り続けるものです。

ですからどの程度の年齢から利用できるのかについては、自分の家の価値から大体の予測をすることができます。

リバースモーゲージは配偶者でも適用される

リバースモーゲージとは高齢者が居住する住宅や土地などを不動産担保として、一括または定期的に融資を受け取ることができる制度です。リバースモーゲージには住宅処分するかたちの担保型と売買で所有権移転する権利移転型に分けられます。

契約者の死亡、転居、相続などによって契約が終了した時に不動産担保を処分して一括返済します。

契約者である夫が亡くなっても配偶者を連帯債務者とすれば、残った配偶者が死亡、転居、相続などによって契約が終了するまでは継続されます。

すなわち、連帯債務者を夫婦にしておけば、夫や配偶者だけになっても、契約が終了し、不動産担保が処分される心配がないということです。

リバースモーゲージのメリットとしては年金以外に資金が入るので、老後の生活にゆとりがでます。

また、利息の支払いがありますが、返済について考える必要がないので、老後の資金が増えた印象を与えます。

デメリットは不動産担保の価値を超える融資を受けられないので、融資の上限が決められていることです。不動産価格が下落したり、金利が上昇すれば融資の上限が下がることがあります。

リバースモーゲージを利用して、何年かして不動産価格が大幅下落したときには、融資が停止されることもあります。しかし、不動産価格が上昇すれば、融資の上限も見直されることもあります。

リバースモーゲージのメリットとデメリットを考えると、契約しても過度な期待をせずに老後の生活を送るほうがよいといえます。