リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

リバースモーゲージの利用の際には対象とする対象地域や対象年齢、対象物件であることの確認が必要

リバースモーゲージは、土地や家屋を担保としてお金を借りることができ、老後の生活資金などに充てることができる金融商品です。

月々の返済は利息分だけであり、元本は借主が亡くなった後に担保を処分するなどして清算されます。

しかし、このリバースモーゲージは対象とする地域や年齢、それに担保とする対象物件に条件があり、誰でも利用することができるわけではありません。

リバースモーゲージがそもそもの対象としているのは、定年後の年金を主な収入源としている方たちです。

年金だけでは十分な収入して不足気味な場合や、介護施設などに入所したり、現在住んでいる家屋のリフォームを行うためにまとまったお金が必要な方を対象として最大2000万円程度のお金を融資するものです。

また、融資対象だけではなく、その性質上から対象年齢も制限されています。

基本的には定年後の方年金受給者に融資するため、対象年齢は65歳以上としている場合が一般的です。

また、融資可能な対象年齢に上限はありませんが、自分自身で契約書の必要事項を記入することが可能でなければなりません。

土地や家屋を担保とするため、対象物件にも制限があります。

一般的には一戸建て家屋を対象物件としていています。

但し、銀行によってはマンションも対象物件としていることもありますので、利用を考えている場合には確認が必要です。

さらに、対象地域にも制限があり、どの銀行を利用しても日本全国で利用可能なわけではありません。

銀行によっては、首都圏や愛知、関西等の大都市圏だけを対象地域としている場合もあります。

そのため、利用に当っては対象地域内であることの確認も必要です。

リバースモーゲージローンの要件と利用者の利点

リバースモーゲージ(Reverse mortgage)ローンとは、持ち家を担保としたローンのひとつ。

持ち家を保有する高齢者世帯の方が、それを担保としてお金を借りることができます。

公的なローンと民間のローンがあり、日本では、公的なものとして東京武蔵野市が1981年から実施した福祉資金貸付サービスが始まりといわれています。

そして受け取り方法は、年金方式と一括方式があります。

リバースモーゲージローンの要件には、まず年齢制限があります。

公的なものの場合、60歳以上からとなります。

民間として銀行など金融機関が行うローンの場合、大体60歳から80歳代前半となります。

また持ち家の要件として、借入先によっては、マンションは入らない場合があります。

そして借入限度額は、土地評価額を基準にする場合が多く、借入先により、50%から80%という要件が多く見られます。

リバースモーゲージローンの利点は、まずは年齢制限で住宅ローンやカードローンなどの借入ができない人が利用できることが挙げられます。

また使途を制限せず、さまざまな使いみちに利用できることも利点です。

そして利用者の存命中は毎月の元金返済がないということが最大の利点です(利息の支払いはあり)。

元金はローン契約者である利用者が死亡したときに、銀行などの貸し手が担保である持ち家を売却するなどして返済することになります。

このようにリバースモーゲージローンは、収入や現金が少ない高齢者世帯でも、持ち家を手放すことなく現金を得ることができます。

そして存命中は元金の返済をしなくてよいので利用者が老後の生活に安心感を持つことができます。