リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

生活保護を利用する時のリバースモーゲージについて

年をとると色々な負担が増えてきますが、年齢とともに仕事はなくなり収入を得づらくなります。

そうなった時はリバースモーゲージという制度を利用することがあり、この制度を使えば老後の問題が解決できることがあります。

リバースモーゲージとは不動産を担保に高齢者がお金を借りるシステムで、最終的にはその不動産を金融機関がもらうことになります。

つまり不動産を担保にお金を借り、返済はその不動産で行う制度になっています。

そしてこのリバースモーゲージは生活保護とも密接な関係にあり、生活保護を受ける時に利用することがあります。

生活保護を受ける時は資産を持っていると処分を要求されることがありますが、その時にリバースモーゲージの制度を提案されるケースが存在します。

そしてリバースモーゲージの制度を利用して不動産がなくなった後で、生活保護を受けられるようになっています。

ただ生活保護で利用できるリバースモーゲージには色々な制限があり、簡単には利用ができなくなっています。

例えばマンションの場合は基本に使うことができませんし、持っている不動産の価値が低い時も利用は難しいです。

そのため実際はあまり使われていない制度になっており、かなり特殊な条件の人でないと使えないことが多いです。

もしリバースモーゲージの制度を利用できなかった場合は、そのまま生活保護の制度を利用することになります。

生活保護の制度は不動産を持っていても利用ができるので、手続きをすれば支援を受けることは可能です。

リバースモーゲージは生活保護の観点からの借入と相続人へ返済義務が発生します

通常のモーゲージ(抵当、担保)ローンでは年月とともに借入残高は減っていくが、リバース(逆)の制度がリバースモーゲージです。

これは大きく分けて2つの事例があり、主に都市部の自治体が直接または間接的な形で事業を行う商業銀行によるものと、日本の生活保護法によって規定される最低限の生活を保障する為の生活費を支給する公的扶助制度の観点から、自治体などの公的機関が返済の期待される生活保護として貸し付けるというものであります。

どちらの場合も自宅を担保にした年金制度の一種で契約期間中は自宅に住み続けながら借金したお金を、年金という形で毎月受け取る事が出来ますが、返済は増えていく借入残高とその利息を契約満期か契約者死亡のどちらか早い時期に現金で一括返済するもので、生活保護世帯での返済は困難な場合が多く契約者死亡の場合は契約者の相続人が借金も相続するので、リバースモーゲージ制度での借入金も相続人が一括返済する事となる。

また生活保護世帯だけでなく、収入の少ない高齢者単独の世帯が借入出来るがやはり一括返済が困難な為にどちらも最終的に自宅を売却するケースが多く見られるものの、計画的な返済が出来れば自宅を手放す事無くしかも契約期間中は、その家に住み続ける事が出来るのでリスクもあるが大変便利で、収入の少ない高齢者の生活が保障されるシステムである。

リバースモーゲージを利用するに当たりいくつかの条件が定められているので、よく理解したうえでの借入が重要です。