リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

高齢者向けの制度として、住宅金融支援機構のリバースモーゲージがあります

欧米などで普及が進んでいると言われている制度として、リバースモーゲージというものがあります。

日本では東京都の武蔵野市や厚生労働省などが行っており、都道府県の社会福祉協議会において長期生活支援資金として低所得者向けの制度として導入されています。

住宅金融支援機構では、バリアフリー改修工事のための費用や、耐震改修工事のための費用などの目的に利用できるものとして、リバースモーゲージを高齢者向け返済特例制度として提供を行っています。

住宅金融支援機構が行っているリバースモーゲージは、年齢が満60歳以上の高齢者が利用できる制度で、バリアフリーや耐震改修のためのリフォームをする工事費用として融資を受けることができます。

住宅金融支援機構のリバースモーゲージでは、元金の返済は借り入れた人が布部手続き亡くなったときに一括返済するものとなり、それまでの毎月の返済については利息分の支払いのみを行うことになります。

借り入れた申込み人が死亡したときに一括返済する必要があり、相続人が一括返済を行うか、担保として提供されている土地や建物を処分することによって返済を行う制度となります。

住宅金融支援機構が行っているプランで受けられる融資の限度額は、最大で1000万円までとなっており、リフォームの工事費または1000万円までのどちらか低い額が限度額という設定です。

バリアフリーや耐震改修の工事と合わせて融資を受ける場合であっても、利用できる限度額は変化することはありません。

リバースモーゲージの国土交通省と経産省の考え方

リバースモーゲージとは住宅ローンの逆で、借入金額が増えていくタイプのローンを指します。

住宅ローンでは返済をしていくことによって借入金額が増えていきますが、それとは全く逆で、毎月現金を受け取りながら借入金額が増えていくものを指すのです。

所有しているマイホームを元にして生活費を手に入れることができるという優れたものだと言えるでしょう。

国はリバースモーゲージに対してどのような考え方を持っているのでしょうか。

国土交通省は、現在のところは秋や対策をどうしようかとさくを練っているところで、税制を改正するなどの方法を考えています。

リバースモーゲージが増えれば、亡くなった後に空き家になる可能性を低くできますから、これは優れたものだと言えるでしょう。

国土交通省としては空き家を無くしたいというのが本音で、そのために国土交通省としてはリバースモーゲージを推奨していると考えることができます。

経産省はというと、経産省はリバースモーゲージによって経済が活性化すると考えているのではないでしょうか。

亡くなった人の住宅が市場に流通することによって競争の原理が働き、それによって市場が活性化するというのは経産相の望むところでしょう。

経産省としても土地の有効利用による市場の活性化によって経済対策ができるのであれば、それは優れたことなのだと考えているのではないでしょうか。

国としてもリバースモゲージは優れたものだという対応を取ることが考えられます。