リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

リバースモーゲージの契約に必要な手続きや申し込みとは

最近ニュースなどでリバースモーゲージという言葉を、度々耳にすることがあるかと思います。

リバースモーゲージとは自宅を担保にした借入制度の1種で、年金の補助的な役割として期待されています。。

持家やマンションを自己所有しているが現金収入が少ない、という高齢世帯を対象とした金融制度です。

住宅を手放すことなく現金収入を得られるというメリットがあります。

具体的には自宅を担保にして銀行などの金融機関から借入をしてその借入金を年金という形で受け取ります。

持家の資産価値の範囲内で借入が可能となります。

高齢者向けのローン商品で、年齢制限により住宅ローンや各種ローンの借入ができない方を対象にしています。

近年ではアクティブな高齢者が増えており「資産を自分の生活に潤いを与えるために使いたい」という時代のニーズを反映した金融商品となっています。

リバースモーゲージを利用するには各金融会社との契約を結ぶ必要があります。

手続きの流れはこのような手順で行います。

申し込みは基本的に来店をして直接詳しい説明を聞いた上でするのが一般的な流れです。

申し込みに必要な書類を用意して契約を締結するための審査を受けます。

ここでは提出した書類に基づいての審査のため、申し込みから約10日前後で審査の結果がわかります。

その後無事に審査を通過した場合は本契約の手続きに入ります。

本契約の手続きに来店し金融機関が融資の実行手続きを実施したら、その日からリバースモーゲージが利用可能となります。

リバースモーゲージの概要と手数料に関する内容について

近年新しい資産活用の方法として、リバースモーゲージと呼ばれるものが登場しています。

一般的な融資の場合では担保を必要としており、その範囲内でローンを利用することができるものになり、返済期日を守って借入金を返済することによって、契約が完了することが基本になります。

しかし、リバースモーゲージの場合では自宅を所有されている方を対象としているものになり、自宅を担保として利用でき、返済に関しては利用者がお亡くなりになった際に自宅を売却することによって、契約が満了することになります。

したがって、年金のような使い方を行うことができることが特徴とされており、融資された資金に関しては原則として使途を問わないものとされており、例えば旅行のための費用に充てたり住宅をリフォームするための費用、介護施設などに入所する際の費用に充てることも可能になります。

リバースモーゲージを利用する場面では、その基本としては自宅を手放すことを最終的な結果としている部分があるために、継承するような人物がいない方の場合では効果的に活用することができます。

リバースモーゲージでは、初回に事務取扱手数料を設定していることがあり、完了時にも一定の手数料がかかることになります。

手数料の金額に関しては利用する金融機関によって設定が異なる一面があり、利用前に確認しておくことが推奨されています。

住み替えの費用としても活用することができ、老後のための資金作りとしては活用方法が多岐にわたっています。