リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

住宅ローンのリバースモーゲージについて

リバースモーゲージは、住宅ローンのひとつですが、従来の住宅ローンが、住宅を購入するための資金を借りるというものに対してリバースモーゲージは、住宅を担保に入れてお金を借りるというものです。

リバースモーゲージが生まれた背景としては、住宅を手放さずに老後の資金を得られるという点にあります。

現在の日本では少子高齢化が進んでおり、長寿命となった関係から老後資金の確保が問題となっています。

また子供も独立して自宅を保有する傾向が強くなり、現在住んでいる家が誰も利用しなくなるという可能性が高い傾向にありますし、遺産相続のさいに不動産の配分で争うケースも多くなっています。

そこで、リバースモーゲージを利用し、住宅を担保に入れて老後資金とする需要が増えてきています。

基本的には借金になりますが、それまでの担保型の借金と異なり、逆住宅ローンと言える形で将来、住宅の売却で相殺することを目的に借り入れるので、死後に借金が残らないメリットがあります。

もちろん、不動産を売却しないで返済することも可能です。

ただし、このリバースモーゲージを利用できる場所は不動産価格が安定しているところが中心であり、どこでも利用できるわけではないという点に留意しておく必要があります。

また不動産価格の下落や借り入れた金額に対する金利負担など、さまざまなリスクが存在します。

しかし、収入の途絶えた老後においてリバースモーゲージは比較的、負担が少なくお金を借りられる手段として注目されています。

建て替えや住み替え、借り換え資金のためにリバースモーゲージ

不動産を担保とすることでお金の融資を受けることができるリバースモーゲージは、高齢者が年金と言う形で受けることができる融資法としてよく知られていますが、その他にも家の建て替えや住み替え、借り換えなどでも利用することができます。

長年住んだ家が古くなり、建て替えや住み替え、借り換えを行いたくても資金不足でできないという場合に、このリバースモーゲージを利用することで融資を受けることで可能になるわけです。

また大がかりなリフォームを行うような場合にも利用することができます。

このような建て替えや住み替え、借り換えにリバースモーゲージを利用する場合、担保となる不動産は新しく居住する住まいということになりますが、まずはその担保評価額が算定されることになります。

融資額は通常担保評価額の満額ではなく、70%程度となることが多いです。

これは担保割れを起こし、融資したお金を回収することができなくなるリスクを避けるためです。

そのために不足分は予め手持ち資金として用意しておかなければなりません。

契約期間が終了した後は、担保不動産を処分して融資されたお金に金利を加えて一括返済することになります。

なおリバースモーゲージでは不動産が担保になりますので、家族に遺産として残すことができません。

そのことをよく理解した上で利用する必要があります。

また、公的機関から融資を受ける場合は、福祉的側面が強く、主に低所得者層向け融資となり、民間企業から融資を受ける場合は、生活をより豊にするための富裕層向け融資となることが多いようです。

リバースモーゲージで賃貸や転居を避けられる?

この金融制度が普及してきた背景には、日本における高齢化社会が大きく関わってきているといえるでしょう。

それでは、リバースモーゲージとはいったいどのようなものなのでしょうか?ある一定の年齢になると定年退職などをして年金生活に入ることになりますが、もし他に収入の手段が閉ざされたとしたならば、その年金だけでは充分な収入が得られずに、日常の生活を行っていくことが困難であるという状況になっていくことになりがちです。

そこで、転居をし住居を手放して賃貸生活に入るという手段を選ばれる方もいらっしゃると思われます。

しかしながら、長年住み慣れた住宅からは離れがたいものであります。

そこで、所有している住宅や土地を担保として、毎月一定額の融資を受けることができるという方法がリバースモーゲージであります。

これによって、長年住んでいる住宅に住み続けることが可能であるのであればそれに越したことはないと思われることでしょう。

なぜなら、特に高齢になってから住み慣れた住宅から離れて転居したり、賃貸生活をするというのは、とても苦しいものであります。

また、転居や賃貸により慣れない環境にご自身を置きたくはないということになるでしょう。

そして、このリバースモーゲージによって、契約者ご自身が死亡されるまで融資を受け取ることができ、生活が補償されることになるということになるでしょう。