リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

リバースモーゲージで固定資産税の軽減を図れます

リバースモーゲージとは、高齢者が住んでいる住宅や土地などの不動産を担保にして、金融機関から融資を受けることができる仕組みのことを指しています。

融資は提携先の金融機関の預金口座に振り込まれる場合が多いです。

一括か、年金という形で決められた日に一定の額ずつ分割して受け取るかが選べます。

継続的にもらえるので、年金の形で受け取る利用者が多いようです。

リバースモーゲージは利用者の死亡や相続、住宅や土地の売却等で契約が終了します。

リバースモーゲージは、一種の借入金ではありますが、死亡で契約が終了した場合は、死後に精算して返済という形になるので、負担にはなりにくいようです。

後に担保にしていた不動産を売却処分するなどして、融資を返済することになります。

リバースモーゲージは、土地や建物を持つ高齢者に取って有益な制度と言えます。

不動産を取得していると、固定資産税を支払う義務が発生します。

高齢者の場合、退職して現金での収入がなくなっても、固定資産税は土地の評価価額によって税額が算定されるものですから、不動産を持っている限りは税金を納めなくてはなりません。

また、地価が高い場所の不動産ですと、それに比例して、固定資産税の額も高くなります。

特に地価の高い場所に住んでいて、現金での収入が少ない利用者には助かる制度と言えるでしょう。

住み慣れた土地と建物に住み続けながら融資を受けるため、売却して新たに住居を借りなくてもいいですし、定期的な入金で生活費や固定資産税の支払いの負担が軽減されます。

リバースモーゲージには厚生労働省が用意しているプランがあります

リバースモーゲージという制度は、自宅を担保として生活資金などの融資を受けられるもので、死亡したときに自宅を売却することによって、元利の合計金額を一括返済する方法のことを言います。

自宅を担保とすることで、老後に必要になってくる生活資金を準備できる方法ということで、欧米などでは一般的に普及している制度となります。

リバースモーゲージは資産として保有しているうちで、不動産の割合が高い人や、持っている金融資産が少ない人の場合に、老後資金を得るために有効な制度として注目されています。

日本におけるリバースモーゲージは武蔵野市が導入した制度がはじまりとなっており、現時点ではおよそ20ほどの地方公共団体で似たような制度が導入されています。

制度の方式としては、自治体が直接的に融資を行う方式と、金融機関が融資を斡旋する方式の2種類のものがあります。

公的プランとしては、2002年よりスタートしている厚生労働省の長期生活支援資金貸付制度というものがあり、住民税が非課税となっている低所得世帯が融資の対象となる制度です。

厚生労働省のプランでは自分が所有している居住不動産を担保とすることで、土地評価額における70%を上限として、月額につき30万円までの生活資金の融資を受けることができます。

厚生労働省のプランでは、借り入れた金額の元本や利子の支払いは、利用者が死亡するときまで繰り延べることができます。

いくつかあるリバースモーゲージの種類の中で、現状一番利用されているものは厚生労働省のプランの制度となります。