リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

年金制度であるリバースモーゲージのリスクと欠点

年金制度の一種であるリバースモーゲージは、自宅を所有している現金収入が少ない高齢者世帯が、住宅に住み続けながら収入を確保する手段でありかく核家族化や高齢化の進む日本においては便利なシステムであるが、一方でリスクや欠点もいくつかあるのでその点をよく理解したうえで、リバースモーゲージを利用する事が必要になります。

自宅を担保にして銀行などの金融機関から借金をしてその借金を毎月の年金という形で受け取る事が出来るが、通常の担保ローンでは年月と共に借金残高は減っていくが、この制度では増えていくという欠点があります。

それに伴い増えていく借入残高に対する利息も未払いのまま増えていき、契約満期または契約者死亡のどちらか早い時期に現金で一括払いしなければならないが、それが不可能な場合には金融機関は抵当権を行使し担保物件を競売にかけて返済に充当しますので、最終的に自宅を手放す可能性が高いところは自宅を売却する事に似ていますが、この欠点は現金一括返済出来たり契約者死亡時に返済義務のある保証人または相続人に支払能力があれば契約期間中は自宅に住み続けられるという利点だけが残ります。

またリバースモーゲージを利用する際のリスクとしてあげられるのは、返済時に担保物件の売却価値が借入残高を下回る担保割れが起きたり、トラブルの防止やリスクを減らす為にいくつかの条件が定められたいるので、その条件をクリアしなければリバースモーゲージを利用する事は出来ませんので、慎重に検討してから利用して下さい。

リバースモーゲージにおける仕組みと課題

リバースモーゲージは持ち家を担保とし、年金のような形で融資を受け続け、死亡時に家を売却することで返済するという仕組みです。

老後の資金調達に大いに役立ちますが、リバースモーゲージの仕組みにはいくつかの課題があります。

まず、不動産価格が予想より下落すれば、契約が終了する前に担保割れを起こすことです。

また借入期間中に金利が上昇すると、利息を含めた借入残高が増えるので、担保割れを起こします。

利用者が長生きすれば、その分担保割れが生じるリスクも上がります。

特に近年は不動産価格が下落しており、融資基準が厳しくなっているので、リバースモーゲージが普及するには課題が残っています。

高齢者の認知度が低く、利用してみたいと考える人も少数です。

住宅の建物部分の担保価値が正しく評価されず、土地価格が高い大都市圏に限定することが普及を妨げています。

多くの金融機関が担保の持ち家を一戸建てに指定しており、土地の評価額の50~70%までを融資の限度額としています。

このように担保割れのリスクを懸念して、融資額を低く抑えると、利用者にとってメリットがなくなる可能性もあります。

融資の受け取り方などのリバースモーゲージの仕組みは、取り扱う金融機関で異なります。

それぞれの金融機関が利用者に大きな利益をもたらすように課題を解決することが求められます。

収入は少ないが、不動産の資産はある程度持っている高齢者は多いので、潜在的なニーズは多いと考えられます。