リバースモーゲージの基礎知識

メリット・デメリットから、銀行・自治体の制度についてまで基本的な情報をご紹介

リバースモーゲージローンのメリット・デメリット

定年後も住宅ローンが残っている場合、ローンの支払いのために貯金を崩したり、年金の中から支払う必要が出てきます。支払いが楽になるように低金利の住宅ローンに借り換えをしようとしても、す

» 続きはこちら

リバースモーゲージのリスク・欠点と課題・仕組み

年金制度の一種であるリバースモーゲージは、自宅を所有している現金収入が少ない高齢者世帯が、住宅に住み続けながら収入を確保する手段でありかく核家族化や高齢化の進む日本においては便利な

» 続きはこちら

銀行や信用金庫などの金融機関のリバースモーゲージと月額の金利計算

リバースモーゲージは家を担保に銀行や信用金庫などの金融機関からお金を借りる事ができる方法です。自分が亡くなった後や、配偶者が亡くなった後に家を売って借りたお金を返済する事になります

» 続きはこちら

自治体の制度、社会福祉協議会のリバースモーゲージ

社会福祉協議会が提供するリバースモーゲージは、融資というにはやや性質の異なるもので、正確には要保護世帯向け長期生活支援資金と呼ばれるものです。評価額が500万円以上の不動産を所有し

» 続きはこちら

固定資産税について、厚生労働省のリバースモーゲージ

高齢者の場合、退職して現金での収入がなくなっても、固定資産税は土地の評価価額によって税額が算定されるものですから、不動産を持っている限りは税金を納めなくてはなりません。地価が高い場

» 続きはこちら

抵当権とは、持ち家と借地権について

リバースモーゲージでは、高齢者の所有する不動産に根抵当権がつけられます。この根抵当権が通常の抵当権とどう違うのかを解説します。通常の抵当権では、担保される債権の内容が明確に決まって

» 続きはこちら

住宅ローンと借り換え、住み替え、建て替え、賃貸と転居

基本的には借金になりますが、それまでの担保型の借金と異なり、逆住宅ローンと言える形で将来、住宅の売却で相殺することを目的に借り入れるので、死後に借金が残らないメリットがあります。も

» 続きはこちら

リバースモーゲージの契約手続き・申込みと手数料

リバースモーゲージを利用するには各金融会社との契約を結ぶ必要があります。申し込みは基本的に来店をして直接詳しい説明を聞いた上でするのが一般的な流れです。必要な書類を用意して契約締結

» 続きはこちら

住宅金融支援機構、国土交通省と経産省の考え方

日本では東京都の武蔵野市や厚生労働省などが行っており、都道府県の社会福祉協議会において長期生活支援資金として低所得者向け制度として導入されています。住宅金融支援機構ではバリアフリー

» 続きはこちら

リバースモーゲージの条件・件数・相場、担保割れ・担保評価について

リバースモーゲージを利用するためには、まず物件を単独で保有していて、そして抵当権が設定されていないことが必要とされます。わかりやすく言えばマイホームを所有していて、住宅ローンを組ん

» 続きはこちら

譲渡所得について、登記・税務について

譲渡所得課税の問題があります。債務の弁済において金融資産や保険金でできない場合には担保となっている不動産を処分して返済を行いますが、この時に譲渡所得が発生します。被相続人による売却

» 続きはこちら

相続と相続放棄、推定相続人とは

リバースモーゲージの問題点の1つとして、相続人の了承が必要であることがあげられます。リバースモーゲージを利用すると、期間満了時もしくは利用者が死亡時に土地と建物が自動的に売却され、

» 続きはこちら

リバースモーゲージと生活保護、相続について

生活保護を受ける時は資産を持っていると処分を要求されることがありますが、その時にリバースモーゲージの制度を提案されるケースが存在します。リバースモーゲージの制度を利用して不動産がな

» 続きはこちら

対象地域・対象年齢・対象物件、用件と利用者の利点

リバースモーゲージは対象とする地域や年齢、それに担保とする対象物件に条件があり、誰でも利用することができるわけではありません。年金だけでは十分な収入して不足気味な場合や、介護施設な

» 続きはこちら

年金関連の相談、田舎の認知症の親とリバースモーゲージの認知度

リバースモーゲージは、自宅を担保に自治体や銀行から融資を受け、生活費や有料老人ホームの入居費などに利用し、死亡後に担保を売却してもらい返済に充てます。自宅を担保にお金を借りて、死亡

» 続きはこちら

リバースモーゲージと年齢、配偶者について

契約者である夫が亡くなっても配偶者を連帯債務者とすれば、残った配偶者が死亡、転居、相続などによって契約が終了するまでは継続されます。すなわち、連帯債務者を夫婦にしておけば、配偶者だ

» 続きはこちら

不動産売却益、利息と残債について

返済は満期時若しくは借入側の死去後に対象となる不動産の売却益によって行う契約となっています。その為、通常は時間経過と共に減少する残債は寧ろ増加する形に。この特性がリバースモーゲージ

» 続きはこちら

返済と保護、保険と満期について

リバースモーゲージは、月々の返済が利息分だけであり、元本は借主が亡くなった後に清算して返済する仕組みとなっています。従って、リバースモーゲージを利用すれば高齢の方であっても月々返済

» 続きはこちら

保証人・連帯保証人、リバースモーゲージの問題点

融資を行うために担保として借主が所有している自宅の土地や家屋に銀行が根抵当権を設定します。そのため、一般的には保証人を必要とせずに1000万円から2000万円程度の金額の融資を受けることが

» 続きはこちら

リバースモーゲージの融資額、預金連動型

リバースモーゲージの融資額は担保物件の査定価格によって決定され、担保が土地付きの一戸建ての場合は融資額の上限は査定額の7~8割程度で担保物件の査定額よりも少なく設定されるケースがほと

» 続きはこちら

老後に役立てる老人向けローン、要保護世帯について

一般的なローン商品の多くは65歳以下が貸出対象となっており、一部の住宅ローンを除けばローンを組むこと自体が困難です。これは65歳以上の老人になると就職や雇用が困難になり、また健康面

» 続きはこちら